起業アイデアの生み方を岩松勇人から学ぶ

岩松勇人を例にまずはやってみよう!起業のアイディアを出す為の3つのステップ!

起業するまでの流れを公開

ゼロから何かを生み出すのはとても難しく、その人のセンスや経験に基づいて生まれます。しかし起業したばかりの方はその経験が無いので、アイディアを生み出すのが難しいです。 そんな時は多くの情報をインプットし、自分の中にデータベースを作ってみましょう。

初めは誰かの真似でも良い

頭の中でアイディアが固まってきたら、それをアウトプットしてみましょう。しかしこのアウトプットはインプット以上に難しく経験が無いとスムーズに行きませんので、始めは誰かの真似でも構いません。 まずはアウトプットの経験と実績を積み、慣れていく事が大切です。

人脈から刺激を受ける

同じ様な事、同じ様な思考をしていてもアイディアは生まれません。自分の思考を大きく変えるのは難しいですが、刺激が欲しいと思った時は人脈を使って多くの人の考えに触れる事で、アイディアが生まれる事もあります。 ここでは人脈の作り方や考えについて触れています。

まずは多くの情報をインプットしよう

定年までサラリーマンとして社会に貢献していくのも良いですが、岩松勇人の考えとしては、自分のやりたい事があったり、アイディアを活かして仕事をしたいと思ったりする場合、思い切って起業するのも賢い方法だと考えているようです。
近年では男性だけではなく女性やシニア世代でも気軽に起業出来る様になっていて、様々なワークスタイルが確立されています。
そんな起業家を応援すべく、様々な制度もあります。例えば資金確保の心強い味方である補助金制度や投資家へ呼びかけての出資など、やり方次第で自分の負担を軽くする事が出来ます。
そんな起業へのステップですが、まず法人としての登録が必要です。商号・事業目的・本店所在地・資本金など、起業に必要な情報をピックアップして公証役場で公証人の認証を受けます。その後、会社設立登記申請書類を記入し管轄法務局へ提出し、受理されたら登記は完了です。後は諸官庁へ必要な書類を提出すれば晴れて起業家の仲間入りです。もちろん、岩松勇人も同じ方法で起業家の仲間入りをしています。
晴れ晴れしい気持ちになると思いますが、これはスタートラインに立っただけなので大変なのはこれからです。法人として登録しているので、これから自社や製品、サービスを世に輩出していかなければなりません。
起業する前からアイディアを抱えている方が大半ですが、そのアイディアはどこから生まれてくるのでしょうか?ここでは起業に向けてのアイディアにスポットを当てて紹介しています。中々良いアイディアが生まれずに困っていると言う方は、岩松勇人の思考やアイディアを参考にしてみて下さい。