起業アイデアの生み方を岩松勇人から学ぶ

岩松勇人を例にまずはやってみよう!起業のアイディアを出す為の3つのステップ!

起業するまでの流れを公開

人と違うアイディアとは

起業して成功する方の多くは、普通は思いつかない様な突飛なアイディアを実現している方です。しかしそのアイディアはある日、急に思いつくものではありません。
特に初めの内は経験や実績が無いので、どうすれば良いのかわからないケースもあります。そんな時はまず既存の情報に触れ、多くをインプットするのが大切です。新しいアイディアを生み出すには、まず既存のアイディアを知らなければそれが新しい物であるか判断が出来ません。
すぐに出来る方法としては、本やネットから学ぶ方法です。自宅にいながら出来る方法ですし基礎を学ぶにはぴったりの方法ですので、起業家としての初めの一歩はまずどんな情報でも構いませんので、とにかく情報を身に付ける事から始めてください。

心に従って素直になる

子供が持つ好奇心はとても貪欲で、瞬時に色々な事を吸収します。しかし大人になるにつれてそのアンテナが鈍くなったり、インプットしようとしている情報を疑ったりしてうまく吸収する事が出来ない場合もあります。
この打開策は「素直になる」事です。子供の頃は何でも素直に聞き入れる事が出来て、且つその知識を誰かに広めたいと思っていませんでしたか?大人になると人間関係やしがらみに囚われてうまく動けなくなってしまいます。
素直な心はしがらみと断ち切ってしまうので、自分の心に従い、素直になる事で多くの情報を吸収出来ます。現に成功している起業家は素直で正直な方が多く存在し、敵・味方を簡単に判断せず好奇心を大切にしています。


この記事をシェアする