起業アイデアの生み方を岩松勇人から学ぶ

岩松勇人を例にまずはやってみよう!起業のアイディアを出す為の3つのステップ!

初めは誰かの真似でも良い

インプットした情報をアウトプット

いくら素晴らしいアイディアでも、自分の頭の中で留まっているだけでは何の意味もありません。目一杯情報を吸収し、アイディアが浮かんで来たら今度はアウトプットして具現化します。
このアウトプットはインプットよりも難しく、自分なりのやり方と言われても混乱してしまいます。そんな時は自分が憧れている起業家などの方法を真似てみましょう。アイディア自体では無く方法を真似るのは問題ありませんし、コツを掴んでいけば自分のやり方が定まってきます。
誰でも始めから斬新なアイディアや、ニッチなサービスを思いつく事はありません。見よう見まねで輩出していき、それを昇華させる事で洗練したサービスが生まれます。
インプットした情報は、どんな方法でも良いのでまずはアウトプットして下さい。

時には非常識になる事も大切

非常識という言葉を言い換えれば世間知らず、マナー違反といったネガティブな言葉です。しかし起業するにあたってこの「非常識」は時に大切な要素を含む事になります。
別の項目で説明した様に、起業で成功している方の多くは誰もが思いつかない様なサービスを提供しています。それは元々非常識であったり、マナー違反だったりするものかもしれません。それをうまくアウトプットしていく事で、新しいサービスとして生まれ変わります。
ここで注意したいのが自分の中にある非常識を打ち破るのであって、他人に迷惑をかけて良いと言う事ではありません。その業界や業種・サービスの当たり前に従うのも悪くありませんが、アイディアが凝り固まってしまいます。


この記事をシェアする