起業アイデアの生み方を岩松勇人から学ぶ

岩松勇人を例にまずはやってみよう!起業のアイディアを出す為の3つのステップ!

アイデアが浮かばず煮詰まってしまったら

情報不足を解消する

頭の中で思い浮かんでいる世界を実現させる為には、現実的に考えて具体化していかなければなりません。
夢での段階ではアイデアが浮かんでいたのに現実的にしようと考えるとアイデアが浮かばず煮詰まってしまう事もあるでしょう。

その原因のうちの一つとしては情報不足が考えられます。

起業をした後に起業を考えている人たちの為に発信をして情報を公開していたり、必要であれば企業サポートをしている企業家も多く存在します。
インターネットでも調べる事が出来ますし、これは面白そうだと感じるならセミナーに参加してみたり実際にコンタクトを取ってみても良いかもしれません。

情報を手に入れるだけでなく、新しい発見や新しいアイデアも生まれるに違いありません。

人から刺激を受けてみる

インスピレーションや感が働くタイプの人は想像するのは得意な傾向にあるのですが、現実に落とし込むのが苦手だったりします。

でも、せっかく浮かんだアイデアは形にしなければ実現することはできませんし、誰かに伝える事が出来なければ宝の持ち腐れ状態です。

形にするのが苦手、その方法がどうすれば良いのか見えてこないと煮詰まっているのなら、まず形にする為には誰かのやり方を参考に真似をしてみる事からトライしてみてはいかがでしょうか。
真似をするという事に対してパクリ行為だと抵抗を感じるかもしれませんがそっくりそのままパクリをすると言うのではなく、その人の手法や道筋を真似するという考えです。
真似をすることでコツがわかる事もあるはずです。


この記事をシェアする